顧問弁護士とは?

顧問弁護士というのは、企業と顧問契約を締結して、継続的かつ優先的に契約関係にある会社の法律問題に関して相談に応じ、解決に向けて力を貸してくれる弁護士のことをいいます。顧問弁護士は契約を締結している企業から顧問料などの弁護士費用の支払いを受けて、契約が有効になっている限り、法律問題の相談を受けたり、事案の解決のために自ら行動したりします。

顧問弁護士のおもな業務内容としては、前述しましたが契約している企業の法律相談に乗ることや、契約書類のチェック、内容証明郵便などの書類作成、訴訟・紛争対応、企業の体制構築といった具合に、行なう業務内容は多岐にわたります。なお、顧問弁護士に何をお願いできるのかは、顧問契約の内容によって異なります。また、お願いする仕事内容によって弁護士には得意不得意があるため、依頼したい業務を得意としている弁護士と顧問契約を締結することが大きな満足、企業の利益増加、損失減少へと繋がっていくことになるでしょう。

弁護士と顧問契約を締結するまでのステップとしては、事務所に面談の予約をし、依頼したい仕事内容に関する具体的な話を直接会ってします。こなしてくれる仕事の内容や顧問料などの条件に満足すれば、顧問契約を締結する意思を弁護士に伝えて、顧問契約書の作成を行ないます。あとは契約したとおりの仕事を弁護士はこなし、会社は顧問料などの費用の支払いをしていくという形になります。

当サイトでは、顧問弁護士をつけることにどういったメリット・デメリットがあるのかを解説しています。顧問弁護士がいたほうがいいのか不要なのか判断するための材料として当サイトが提供する情報が役立ってくれれば幸いです。